トップ » 大丸 沿革

- 大丸 沿革 -

創業者 藤井専蔵

創業者 藤井専蔵創業当時の屋号。昭和58年7月1日より現在のロゴマークになった。
大丸藤井の創業者である藤井専蔵は明治五年七月二十六日、滋賀県長浜町錦町にて代々商家をなす藤井家、藤井太郎の三男として生まれました。明治十八年東京の外村呉服店に入店。そして二十歳になった明治二十五年、わずか五円の資本金を手に札幌に渡り油の行商を始めます。キリスト教の教えを受けた専蔵は「患難は忍耐を生み出し、忍耐は鍛錬を生み出し、鍛錬は希望を生み出す」という聖書の一節を心の支えにし、毎朝五時に起き、油の重みできしむ天秤棒を担いで日が暮れるまで行商をし、下宿に帰ってからは帳簿をつけるという毎日を続けます。ここから大丸藤井の歴史が始まりました。

明治25年~大正11年

明治26年 南一条通り西二丁目に構えた初店舗。1棟3戸の左端が藤井支店。大正初期 明治40年に建設した石造りの店舗の前で。創業者藤井専蔵を従業員が囲む。

1892(明治25)年 創業者藤井専蔵が札幌において和洋紙・文具の卸業を開業
1914(大正3)年 初の地方営業所を旭川に設ける
1922(大正11)年 組織変更し株式会社藤井商店となる

昭和4年~昭和24年

昭和11年頃 小樽市港町四十番地の小樽支店社屋前で。昭和24年 紅白幕と「大売り出し」の看板が全市店頭装飾コンク ールで入賞した。

1929(昭和4)年 石鹸・歯磨・雑貨の販売部門を分離し丸日連合販売株式会社を設立
1933(昭和8)年 小樽市に支店を開設し洋紙販売を拡げる
1949(昭和24)年 戦時経済統制により昭和16年業務分割した(株)大丸商店・藤井実業(株)・藤井洋紙協販(株)を合併し、資本金668万円となる

昭和26年~昭和44年

昭和26年に完成した大丸ビル 戦後の民間ビル建築第一号で、店内の照明に蛍光灯を取り入れた初の店舗だった。当時5階には北海道放送(HBC)がテナントとして入っていた。昭和32年 函館営業所

1951(昭和26)年 大丸ビル建設(現在の大丸藤井セントラルの前身)
1957(昭和32)年 函館、帯広、釧路の各市に営業所・出張所を新設
1965(昭和40)年 社名を大丸藤井株式会社と改称 青森市、室蘭市に出張所を新設
1969(昭和44)年 東京都および北見・苫小牧両市に出張所を新設 丸日販売(株)と統合合併 資本金8,500万円となる

昭和48年~昭和57年

昭和53年 大丸ビル(大丸藤井セントラル)

1973(昭和48)年 資本金2億4,000万円
1975(昭和50)年 大谷地商品センター新築
1977(昭和52)年 弘前出張所開設
1980(昭和55)年 東京吉祥寺パルコ内に創文館開設
1982(昭和57)年 八戸出張所開設

昭和58年~平成8年

平成元年 ニューセントラルビル平成8年 流通センタービル

1983(昭和58)年 DCI計画導入。新マーク・ロゴ・スローガン発表 第三営業部移転(大谷地商品センター統合)
1987(昭和62)年 DAISY(基幹系コンピュータシステム)稼動 CASY(財務系コンピュータシステム)稼動 「ノーザンランド」展開
1988(昭和63)年 「アタック500」達成 新中期ビジョン、新提案制度発足
1989(平成元)年 資本金4億8,000万円 ニューセントラルビル完成
1990(平成2)年 第五営業部を新設
1992(平成4)年 小樽支店を札幌地区に統廃合 創業100周年記念イベント開催
1996(平成8)年 新DAISY稼動 物流センター新築 札幌地区5営業部を7営業部に組織改革 盛岡出張所を新設
1997(平成9)年 情報システムインフラ(基盤)整備プロジェクトスタート

平成10年~現在

1998(平成10)年 盛岡出張所を仙台に移転し駐在所とする。JOIN(情報系システム)稼動
1999(平成11)年 創文館を廃止
2000(平成12)年 包装システム営業部を新設 苫小牧支店を札幌地区に統廃合 仙台駐在所を仙台支店に組織改革 流通センター管理部の新設 消費材販売推進部を廃止し仕入統括部を新設
2001(平成13)年 電算センターと情報開発室を統合し情報センターとする 環境デザイン販売推進部と店舗・物流機器販売推進部を統合し商・環境システム推進部とする DWH(データウェアハウス)導入 茨城出張所新設
2002(平成14)年 広域営業部と家庭品営業部を量販営業部に統合 仕入統括部を廃止しその機能をオフィスサプライ営業部、量販営業部、流通センター管理部、物流センターに移行 直需営業部を直需営業部、公共営業部、直需支援部に分割再編成。営業本部長制を導入 ISO14001認証取得
2003(平成15)年 帯広支店と釧路支店を統合し道東支店とする 旭川支店と北見支店を統合し道北支店とする 室蘭支店をを札幌地区各営業部へ統合し室蘭出張所とする 茨城出張所を廃止し仙台支店に統合
2004(平成16)年 大丸藤井厚生年金基金は厚生年金の代行分を返上し、大丸藤井企業年金基金とする DREAM(新物流系システム)稼動
2005(平成17)年 直需支援部を直需管理部に組織変更 新CASY稼動
2006(平成18)年 情報セキュリティシステム稼動
2008(平成20)年 量販営業部を量販営業部(日用雑貨主体)と広域量販営業部(量販文具主体)に分割再編成 大丸藤井セントラル全面リニューアル実施
2009(平成21)年 バラエティ雑貨営業部をオフィスサプライ営業部、広域量販営業部に統廃合 商品業態開発部を札幌地区営業部門、各推進部門に統廃合
2010(平成22)年 八戸出張所を青森支店に統廃合 新DAISY稼働
2011(平成23)年 直需管理部を直需支援部に組織変更
2013(平成25)年 直需支援部を直需営業部と公共営業部に統廃合
2014(平成26)年 新会計システム稼働
2015(平成27)年 日藤(株)と共同で、大丸藤井日藤ホールディングス(株)を設立 小売部門を分割し大丸藤井セントラル(株)を設立
2016(平成28)年 オフィスサプライ営業部をオフィスサプライ営業部とステーショナリー営業部に分割再編成
2016(平成28)年 10月 大丸藤井(株)と日藤(株)が合併し、大丸(株)に商号変更 経営企画部を新設
2017(平成29)年 紙・板紙第一営業部、紙・板紙第二営業部、包装資材第一営業部、包装資材第二営業部、経理二部を統合し、紙包材第一営業部、紙包材第二営業部、紙包材第三営業部、紙包材管理部に再編 経理一部を経理部、仙台支店を仙台オフィスに組織改革 内部監査室を廃止し、内部監査員を置く

※写真の転載はご遠慮ください。

Copyright(c) 2012 大丸株式会社 All Rights Reserved.